七歩の詩




七歩詩(ななほのうた)  作:曹植(そうしょく)


三国時代、父・曹操(そうそう)が亡くなった後、狭量な長男・曹丕(そうひ)は弟達を無きものにしようと(はか)った。

詩才豊かなで聡明な曹植(そうしょく)を、曹丕は特に懼れた。

曹丕は、弟・曹植に課題を科し、出来なければ、斬首(ざんしゅ)する積りだった。

それが、この「七歩歩くうちに詩作せよ」と言う命。

しかし、曹植は、見事な詩を作り、感服させ、斬首を免れた。

正しく、命懸けの作詩だったのだ。


【原文】

 七歩詩  作:曹植

 煮豆持作羹 漉鼓以為汁 

 萁在釜下燃 豆在釜中泣

 本是同根生 相煎何太急


【読み下し文】

 豆を煮て持て羹(あつもの)と作(な)し、鼓(し)を漉(こ)して以て汁と為す、

 萁(まめがら)は釜下(ふか)に在りて燃え、豆は釜中(ふちゅう)に在りて泣く。

 本(もと)同根(どうこん)より生ずるに、相(あひ)煎(に)ること何ぞ太(はなは)だ急なると。


【現代語訳】

豆を煮て濃い汁を作る。豆で作った調味料を濾(こ)して味を調える。

豆がらは釜の下で燃え、豆は釜の中で泣く。

豆も豆がらも同じ根から育ったものなのに、豆がらは豆を煮るのにどうしてそんなに激しく煮るのか。


【意味】

貴方(兄の曹丕)も、私(曹植)も、同じ母から生まれた兄弟ではないか。

それなのに、何故、貴方は、私を追い詰め、悲しませるのか。


【解説】

 曹植は後に杜甫が現れるまで「詩聖」と呼ばれるほどだった。

 まだ新体詩が確立する前の時代、曹植は「五言」の詩型を作り上げる上で大きな役割を果たした。

 才能あふれる曹植は父・曹操に可愛がられて育ちますが、その父の死後は徹底して兄やその息子にいじめられ、

 都に戻ることを許されず地方を転々として41歳の若さで亡くなった。




 次の詩   前の詩      漢詩の部屋  TOP-s