洞庭湖に望んで




 この詩に出て来る、張丞相とは張九齢のことで、孟浩然が、暗に任官の斡旋を頼みこんでいると思われる。

 なんとも現実的な頼み事だが、詩は雄大である。(笑)

 頼まれた方も、思わず斡旋したくなる。

 我々も見習いたいものだ。

 打算的で利害が絡む事柄でも、それを感じさせない清涼剤で包む。

 現代風ならユーモアか。

 しかし、雄大で清々しい文章を書いて、智的に、相手を納得させるのも魅力だ。


 中国の三大詩人は、杜甫(とほ)李白(りはく)白居易(はくきょい)(白楽天)。

 このうちの李白が、孟浩然(もうこうねん)を大変尊敬し、詩業の先輩として仰いだ。


 洞庭湖(どうていこ)岳陽楼(がくようろう)は古くから色々な詩に読まれている。

 杜甫の『岳陽楼に登る』、蘇東坡の『湖上に飲す初め晴れ後に雨ふる』も有名。

 岳陽楼をうたった詩としては、この詩と『岳陽楼に登る』が双璧。


 【原文】

 望洞庭湖贈張丞相 孟浩然

 八月湖水平 涵虚混太淸
 氣蒸雲夢澤 波撼岳陽城
 欲濟無舟楫 端居恥聖明
 坐觀垂釣者 徒有羨魚情



 



 【読み下し文】

 洞庭湖(どうていこ)を望んで張丞相(ちょうじょうしょう)に贈る 孟浩然(もうこうねん)

 八月 湖水は平らかに

 虚を(ひた)して太清(たいせい)に混ず

 気は蒸す 雲夢(うんぼう)の沢

 波は(ゆる)がす 岳陽城(がくようじょう)

 (わた)らんと欲するも舟楫(しゅうしゅう)なく

 端居して聖明に恥ず

 (そぞろ)に釣を垂るる者を観て

 (いたず)らに魚を羨むの情あり


 【現代語訳】

 八月の洞庭湖の水はまっ平らで、

 大空をひたして水と天が溶け合っているようだ。

 雲夢の沢で水蒸気が蒸し、

 波は岳陽城の城郭をゆるがしている。

 この水を渡ろうとするも舟もかじも無く、

 この聖明の世に無為徒食の自分の身を恥じ、じっと座っている。

 ぼんやりと釣り人を眺めていると、

 こんな私でも魚を釣りたい気持が起こってくる






 【解説】

 洞庭湖とは湖南省北東部にある中国最大の淡水湖。

 三国時代、呉と魏の「赤壁の戦」で曹操が大船の造船と訓練を行った湖である。

 その湖畔にあるのが岳陽楼。





 涵虚・・・きょをひたす。「虚」(大空)を(水で)ひたす。
 太淸・・・天。
 氣蒸・・・水蒸気が蒸す。
 雲夢澤・・・洞庭湖付近にあった沼沢地。
 舟楫・・・舟とかじ。
 端居・・・じっと座っていること。
 聖明・・・徳のある君主。その君主がおさめる世。
 坐(そぞろ)・・・ぼんやりと。
 羨魚情・・・魚を得たい。すなわち「就職したい」の暗示。


【人物プロフィール】

 孟浩然(もうこうねん、689-740、没52歳)

  盛唐の代表的な詩人。襄州襄陽の人。
  「春暁」の作者として知られる。自然を歌った詩に傑作が多い。
  若くして任侠の徒と交わり諸国を遍歴するが、長安に出て王維・李白・張九齢らと交流を持つ。




 次の詩         漢詩の部屋  TOP-s