漢検2級の攻略法   

1.出題形式に慣れよう!


 大学を卒業してから約40年とは言え、俺は読書家だ!
 2級くらいは勉強しなくても受かる!

 なんて考えていたら、大怪我をする。
 そんな自信家の貴方でも60時間~120時間位は勉強しないと受からない。
 恥ずかしながら、私は、2回目の試験で、やっと合格した。

 そもそも教養と試験結果は、必ずしも、一致しない
 たとえ、大学教授でも合格しません。
 初見で試験の問題形式を理解し、短時間で解答するなんて無理!

 試験問題の出題形式に慣れることが、まず第一なのだ。

2.押さえどころを知ろう!

 例えば、2級では「熟語の構成」の出題がある。
 これは、回答の記号とそのパターンを事前に覚えていれば、時間短縮が可能だ。

 漢字の部首も、実生活では、必要性がない。
 老いぼれでなくても、間違う。

 大半の漢字の部首は、常識的で順当なものだが、見た目と違う例外の部首が1割位ある。
 試験では、この例外が多く出題される

 貴方が試験を作る側でも、そうするでしょう?
 ねっ!
 試験問題を「意地悪だ!」と呵責(かしゃく)するなかれ。仕方ないのだ。

 恥ずかしながら、私は、1回目の試験で部首の正解を40%も出来なかった。

 要するに、試験の性質を知り、押さえどころを探るべきなのだ。

3.試験の時間配分を計画しよう!

 実際の試験用紙と全く同じ様式で、時間を計測しながら、最低5回やってみよう。

 それぞれの出題形式毎に時間を計測し、時間配分を計画するのである。(試験時間60分)

 過去の試験問題用紙は、こちらから

4.とにかく書こう!

 私の場合、サラリーマン時代にパソコンしか使わず、筆記することが無かった。
 だから、読むことは出来ても、書けない! → 「ちょっと一服」
 その上、鉛筆を1時間も持つと肩が凝るのだ。
 1日2~3時間、筆記できる様にするのが先決だった。

5.当サイトの練習問題を解こう!

 書籍の問題集なんて要らない!
 当サイトの無料練習問題を見ながら、国語辞典と漢和辞典を傍らに置いて、ノートに熟語読み意味書こう
 私が記載した意味や解説を鵜呑みにして頂いても結構ですが、ご自分で一度は調べましょう。

 朝食後、バスや電車の中、人との待合せ、病院の待ち時間、就寝前など、暇を見付けて、繰り返し解こう。
 そして、幾つ正解したか、記録しよう。
 そうすると、自分が何度も間違える漢字や熟語が浮上する。
 あるいは、苦手な出題形式が分かる。
 それが弱点だ。

6.弱点を書き出そう!

 弱点の漢字や熟語を見付けたら、大判(A0サイズ)の紙に書き出し、壁に貼ろう

7.90%以上正解したら、受験!

 全ての練習問題と過去の検定試験で90%以上正解できる様になったら、合格可能でしょう。
 2級の合格基準は80%です。

8.書籍の問題集で勉強したい場合

 書籍の問題集じゃないと、どうも・・・と仰る方には、『漢検マスター』シリーズをお勧めする。
 理由は、意味や解説が付いているからだ。
 他の問題集には無い。